癌治療(がん治療)癌治療(がん治療)

心から休まる空間でゆったり治療心から休まる空間でゆったり治療心から休まる空間でゆったり治療


オンコサーミア(Oncothermia)治療

私が提案する免疫生活の9か条に
「体を温める」=「加温生活」という内容があります。

免疫生活(自然治癒力湧現)の9ケ条


今回は、新規導入する、新しい温熱治療器の紹介です。

オンコサーミア 新しい温熱治療、それは「オンコサーミア」という温熱療法です。従来のハイパーサーミア療法の一つに位置づけられていますが、根本的に思想が違います。

従来のハイパーサーミアは、癌細胞は42.5度以上の高温では死滅(ネクローシス)を起こすことを応用した治療法です。しかし、腫瘍が体の内部にあるとなかなか熱が浸透しないため、体に無害な電磁波を発生させて体の深くまで輸熱(ジュール熱)する方法が考えだされたのです。しかし、実際は生体では血流があり、温度が上がれば上がるほど血流量が増え、その結果、折角加温した深部局所の熱が血流で押し流され、熱が下がるという現象が生じました。その為により機械の消費電力を上げ、もっと局所をより高温化する必要がありました。しかし同時にそれは熱傷や強い不快感(苦痛)を感じることでもありました。

基本的に、そこまで電力を上げなくとも、細胞膜に適切な電流(ナノ電流)を流せば、細胞膜の外部信号経路で細胞の生理的死滅(アポトーシス)が生じる事を発見し、より生理的な温熱療法を開発したのが、ハンガリーのサース・アンドラーシュ教授(セント・イシュトバーン大学)です。特に腫瘍治療に応用されることから腫瘍を意味する「オンコ」と、温熱治療を意味する「サーミア」を合成して「オンコサーミア Oncothermia」と命名しました。

サース教授は、癌細胞の死滅(ネクローシス)を目指すのではなく、生理的死滅機構(アポトーシス)を目指し(より生理的)、本来の「自己のもつホメオスタシスの活性化と再生が重要」であると述べておられます。

ハイパーサーミアのパラダイムの転換(prof.サース)

古いパラダイム
新しいパラダイム
腫瘍組織全体の絶対温度の達成が目標 腫瘍細胞の内外温度勾配の生成が目標
腫瘍細胞の壊死(ネクローシス)を目標 腫瘍細胞の生理的自死(アポトーシス)を目標
細胞結合を破壊する 細胞結合を再生
ホメオスターシス制御への介入 ホメオスターシス制御を支える介入
過剰な熱エネルギーが免疫細胞をブロック 免疫細胞活性化し、免疫的細胞死を惹起
過剰な熱エネルギーが副作用リスクが上昇 エネルギー総量制御で副作用低下を目指す


適応
・消化器系癌(食道癌、胃癌、大腸直腸癌、肝臓胆道系癌、膵臓癌など)
・生殖系癌(子宮卵巣癌、膀胱前立腺癌など)
・呼吸器系癌(肺癌など)
・転移性癌(肝転移、肺転移、癌性腹膜炎、癌性胸膜炎など)
・その他の癌(乳癌、皮膚癌など)
・その他良性疾患(関節炎、関節リウマチ、痛風、骨粗しょう症、喘息、免疫不全症など)

副作用
・局所熱傷

適応のない人
・患者が無意識状態にあるか、認知などコミュニケーションが図れない場合
・金属など人工物の挿入された状態(人口関節、ペースメーカーなど)
・シリコンなど豊胸術後

当院での方法
当院では、原則、高濃度VC,還元電子治療に加え、温熱療法をコンビネーションで同一日に施行しております。(通常は週2回で、1回あたり2~3時間かかります)

オンコサーミア プロトコル(導入機器はEHY2000+です)

オンコサーミアにて温熱療法を施行する場合は、単独とコンビネーションとあります。

(1)単独治療

治療方法
回数
時間
費用(税抜)
その他
オンコサーミア
1回
約1時間
22,000円
8回に1回 無料


(2)併用(オンコサーミア+高濃度VC+還元電子)

治療方法
回数
費用(税抜)
オンコサーミア+VC15g+還元電子
1回
24,500円
オンコサーミア+VC25g+還元電子
1回
28,000円
オンコサーミア+VC50g+還元電子
1回
34,000円
オンコサーミア+VC75g+還元電子
1回
40,000円
オンコサーミア+VC100g+還元電子
1回
46,000円

※併用の場合も8回に1回無料になります。

タイムスケジュール

①オンコサーミアとVC15g、VC25gの場合
オンコサーミアとVC25gのタイムスケジュール

②オンコサーミアとVC50gの場合
オンコサーミアとVC50gのタイムスケジュール

③オンコサーミアとVC75gの場合
オンコサーミアとVC75gのタイムスケジュール

④オンコサーミアとVC100gの場合
オンコサーミアとVC100gのタイムスケジュール

※α-リポ酸は、上記行程終了後に行う。300mgなら30分。600mgなら60分追加。
(α-リポ酸の料金は、上記料金体系に+となる。また全ての料金に消費税が上乗せとなります。)
※VCの増量やα-リポ酸使用に関しては医師の診察時に決定されます。
※基本的に、リンパ球点滴や抗がん剤(低容量)、漢方薬との併用も行われます。