アーユルヴェーダ 眼と耳と鼻のオイルケア




プロフィール

柳川 尚美 吉川 尚美Naomi Yoshikawa

正看護師、保健師、GBLC認定ホリスティックセラピスト、現代式レイキヒーラー。ちょっとまじめで、ちょっとはにかみ屋で、器用貧乏タイプです。


歴史・成り立ち

アーユルヴェーダでは、頭頸部、眼、耳、鼻、口腔歯科は「鎖骨から上の科」と分けます。眼、耳、鼻、口腔は、脳の一部として存在していると考えます。頭頸部のケアは、眼には、ギーを点眼し、鼻にはごま油やタイラという薬草オイルを点鼻し、耳にはセサミオイルを点耳して、マッサージをし、すべてのドーシャのバランスを整えます。「脳の緊張をどっぷりと緩めます」

毎月第3月・火曜日 9時~20時半


どのような症状の時に受けたらいいの?

頭頸部、肩、腕の痛み、疲れ、コリ、不眠、眼精疲労、メニエル病、神経痛、パソコンの使い過ぎ、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、難聴、など感覚器の不調、のどの痛み、いがいが、気候や気圧の変化に体がついていけていない時、考えすぎて脳が疲れている方


どのように施術するの?

まず、クレンジングをします。その後セサミオイルで頭皮のマッサージを十分におこないます。眼にはギーを点眼し、マッサージ・耳にはセサミオイルを点耳し、マッサージ・鼻にはタイラ(薬用オイル)を点鼻し、フェイスマッサージをおこないます。その後、含漱法にて塩水を口いっぱいに含み、のど、口の中を浄化します。
※持ち物:フェイスタオル2枚、バスタオル1枚、サングラス、オイルがついてもよい帽子、化粧道具、コンタクトケース)
※コース前3日間、コース後3日間は、軽食にしてお越しください。車の運転はコース後1時間はお控えください。


受けたらどうなるの?

五感が研ぎ澄まされます。声が大きく、澄んだ声になります。のどや鼻、耳、眼に溜まっていた感情が溶けていきます。脳が緩み、ふわふわして、思考がとまります。眼・耳・鼻・口の感覚器のケアは、ダイレクトに脳の免疫中枢に働きかけます。不調の緩和に対して即効性が期待でき、免疫力がアップします。とても深い癒しが得られます。


どれくらいの間隔で受けるといいの

極度にお疲れの時は、2日連続で。通常は一か月に一度程度をおすすめします。


料金は?

60分6,000円





ご予約・お問い合わせ

船戸クリニック

住所:〒503-1382 岐阜県養老郡養老町船附1354-1
Tel:0584-35-3511